月光の囁き

 『月光の囁き』をみた。ずっと気になっていたが近くのビデオ屋にはないし中古でも高い、と思っていたところにGEO宅配レンタルにて発見し早速借りて観た。

 主人公のタクヤとヒロインのサツキは同じ剣道部で2人が朝練している所から始まる。練習後タクヤはふと「サツキに頭を叩かれるの嬉しい」と言い出す。サツキは「それやったら変態や」と笑う。2人はふとしたことから両思いと知り付き合う事になるが、タクヤにはサツキに言えない秘密があった。彼は恋人としてのサツキよりも一歩下がったギリギリの境界で彼女を想って愛することが至福なのだった。彼女のブルマ、艶かしい白い脚、オシッコの音…。心の奥にどこかそれをサツキに気づいてほしいという思いからベッドに彼女から盗んだ靴下を忍ばせたのを失念し、バレてしまう。そこから2人の関係は崩れ始める。

 

 サツキは処女をタクヤに捧げたが、タクヤは捧げられることを望まない。サツキは2人で共有しあって喜怒哀楽を感じたいが、タクヤはただ彼女の全てを知りたい。ひざまづきたい。I Wanna Be Your Dog. 何も考えずおまえの犬になる。ひとりよがりのタクヤに当て付けるように先輩の植松と関係を持つようになるサツキ。2人の情事を、狂いそうになりながら影でじっと見つめ続けるタクヤの眼差しが愛おしい。汗をかいたサツキの脚をただひたすら舐めるタクヤ。「あんたの舐めてる汗、植松さんのも混ざっとるんやで。恥ずかしくないんか?悔しくないんか?」罵倒するサツキ。照りつける日差しに映えて美しいシーンである。

 

 ストーリーは少しずつダラケだすがラスト、愛はひとりよがりがふたりよがりになって、スピッツの「運命の人」で終わる。

 

 タクヤは、自分を追い込むことで自分の変態性欲を開花させていく。サツキはそれに反発しつつも、その行為自体がSMの世界をより深奥にしていくのである。彼女の脚が汚れたと言っても彼女の脚に付着したモノならそれはもう彼女の一部だ。犬になって次第に物言わぬようになっていくタクヤだが、彼の心はどんどんどんどん表情をみえぬ言葉を紡いでいく。

 

 サツキの役を演じたつぐみが美しい。M男のタクヤを演じた水橋研二も当時20を過ぎているとは思えない、あの純朴さ。感動してしまう。

 

 なんかシンプルに感想だけになってしまった。とりあえず面白かったので漫画も読んでみたい。そもそもこれをみて思うことなんか公共に発信できるようなことじゃない。ただ響く人には響く。